ジュエリー・ボニーの正体はビッグマムとガープの娘、ダダンの妹で謎が解ける【ワンピース010】

ジュエリー・ボニーの正体はシャーロット・リンリンとガープの娘。エースの母親で、ルフィのオバ。ダダンやルージュの姉妹。

ジュエリー・ボニーには色々と噂があり、まずハズレの説を挙げる。

1.エースの双子の姉弟
2.ダダンの娘
3.ルフィの母親
4.エースの母親でルージュ本人

1と4はハズレながらも、エースの近親という所は正解している。
2と3は着目点は悪くないがハズレだ。
言うならば、1~4の採用すべき要素と、却下すべき要素を統合すると、ボニーの正体が見えてくる。

1.エースの双子の姉弟

要するに、ルージュとロジャーの娘という説だ。

当チャンネル既出ムービーには「ジュエリー・ボニーとエースは双子や姉弟ではなく母息子(親子)【ワンピース006】」がある。
エースと似ている所など、詳しくはそちらを視聴して戴きたい。

双子ではない根拠として、誕生日が著しく異なる。
ボニーは9/1でエースは1/1。
次に年齢が違う。ボニー推定22、エース20。

2歳の差といっても、誕生月も考慮すると、2年4ヶ月前だけでなく、1年4ヶ月前も該当する。

エースの2年4ヶ月前だと、ロジャーがルージュの近くにいないので成立しない。また、エースは20ヶ月腹の中にいたのだから、26ヶ月前に生まれているボニーとは腹に一緒にいた時が存在せず、双子という関係にならない。
姉という説も消えるわけだが、もし3年前にロジャーがルージュの近くにいたならば、海軍は早産を考慮してエース誕生の2年4ヶ月前の時期も調査するわけで、その時に生まれているボニーによってルージュが逮捕されてしまう。

ルージュという同じ腹の中にいるとなれば、エースの1年4ヶ月前にボニーが生まれていなければならない。しかし、その時期には子供狩りが強烈な時期で不可能。

年齢操作されたとしても、エースの4ヶ月前にボニーが生まれていなければならない。
しかし、この時期でも赤子狩りは存在するし、エースをせっかく20ヶ月も腹に抱えたのに、その4ヶ月前に女の赤ちゃんがいたら、捕まってしまう。

いつ生まれたにしても、「女の子ならアン」という名前を付けるはずなのに、ボニーになるのはおかしい。

ボニーやルージュは年齢を変えられても、誕生日は変えられないのだ。

なお、この話はエースと双子の姉弟ではないという証明であって、ボニーとエースとが無関係である証明ではない。むしろ、姉弟ではないからこそ、母息子のような、強い近親である証明になるのだ。

既出ムービーでは逃していたが、食い逃げ常習犯っぽい描写も、ボニーとエースは共通している。


2.ダダンの娘
ダダンの後ろにいる側近の髭男(59巻・582話)とボニーの後ろにいる側近の髭男(51巻・498話)の顔形がソックリ。
兄弟か双子だと思われる。時代が違うので、同一人物でも特に矛盾は生じない。

それから、史実の海賊アン・ボニーをモデルとしているのは、ダダンとボニーの2人のことだ。ダダンをDの一族と仮定すると、アアンという名前になる。アンというわけだ。

ダダンとボニーには強い関係が存在し、見た目の年齢からは確かに母と娘という間柄を想定できる。しかし、ボニーの母親として、ダダンよりも強力な存在がいる。それはビッグマムだ。

ビッグマムには、43人の夫と39人の娘がいる。ボニーもマムも髪の色がピンク色で、ハートマークの口紅をしている。更には、マムの娘であるローラやシフォンなどもピンク髪にハートマークの口紅だ。つまり、ボニーもマムの娘というわけだ。

ダダンの娘ではないながらも、ダダンと強い関係を持つボニー。ダダンとボニーは姉妹という予想ができる。ダダンは結構な中年なので、その妹はアラフォーのはずだ。もちろん、ボニーの方が姉でもいいが、イメージとしては妹で進めたい。ボニーの方が姉だという強い証拠が見つかれば、いつでも訂正する。

ジュエリー・ボニーはアラフォー女が正体と考えれば、ダダン以外のキャラクターとの関係が明確になる。ダダンの妹がボニーと考えることで、ガープやエースとの関係が適合してゆくのだ。

ボニーはエースを産んだが、ボニー自体が世界政府に追われていたので、エースを育てることができなかった。そこで母親代わりになるのは、ボニーの姉であるダダンだ。

ここでボニーとダダンを仲介できるガープの立ち位置を考えると、彼女達の父親だからこそ、姉妹間で赤子の引き渡しが可能となる。つまり、ダダンとボニーはガープの娘達なのだ。

もちろん、エースはガープの孫で家族。ガープとエースとが家族という表現は、センゴクやダダンの台詞で判明する。なお、ダダンの方は家出したり勘当されたりと、モンキーDは名乗れないはず。

3.ルフィの母親
身長が174cmでルフィと同じ、かなりの大食らいで、不遜な性格。チビッ子化するルフィとボニー……ルフィとはかなりの共通点があり、近親を思わせる。

しかし、ボニーはルフィとは会ったことがないようで、エースのことばかり気に掛けている。(エースの処刑予告で驚き、ロジャーの息子と発表された後に泣き、死んだ後には決起した)

となれば、ルフィとは親戚ながらも、直接の血筋ではないと考察できる。

既に述べたよう、エースの母親でガープの娘となる。ここでガープの孫であるルフィの立場を考える。ボニーとルフィとが親戚で、しかもルフィはガープの孫となれば、ボニーはルフィの実のオバに相当する。ボニーの甥がルフィというわけだ。

纏めると、ボニーとルフィは非常に近いが、ボニーとエース程には近くない。エースの母がボニーで、ルフィのオバがボニーとなる。よって、ボニーはルフィの母親ではない。

4.エースの母親でルージュ本人
エースの動向で揺さぶられるボニーを見て、エースの母親と判断するのは正解だが、ボニーはルージュ本人ではない。また、ルージュは赤子を産んで他界した。

ルージュが生んだのがエースでないと判断できれば、謎は解けたも同然だ。
ちなみに、ルージュが産んだ赤ちゃんはチーク(頬の赤面)は描かれているが、ソバカスだとは判断できない。つまり、エースという証拠は無いのだ。ボニーがエースを産んだという方向に繋がってゆく。

ボニーとルージュは髪の色や髪型など、変えられる部分の違いはもちろん、顔付きや肌(ソバカス)、性格・行動などが違い過ぎる。

エースの母親がボニーで、しかも、ルージュとは別人、更にはルージュが誰かを生んでいたという要素を組み合わせると結論が出る。ボニーとルージュはそれぞれ男の子を産んでいて、ガープの手によって入れ替わったという真実だ。

一方、ルフィのオバがボニーという事は、父か母のどちらかが、ボニーと兄弟姉妹ということだ。また、エースもルフィもガープの孫。ルフィの父であるロジャーがガープの息子ということはないので、ガープの娘こそがルフィの母親だ。

ボニーの息子がエースで、ルージュの息子はルフィ。ロジャーの息子ルフィを隠すために、ガープによってエースと入れ替わった。ダダンにとっては同じく甥となるエースとルフィ。彼らをを育てるのにふさわしい女となる。

次に、ガープは娘のボニーに、ルフィの年齢を3歳吸い取らせた。この時点で、ボニーは自分の息子がエースで、ルフィは姉ルージュの子だと認識することになる。これでルフィがロジャーの息子だと疑われる心配は無い。しかしながら、父親ロジャーと同じゴムゴムの実の能力を身に付けたルフィには焦ったガープは、強くなるまで隠すためにダダンに預けた。

ロジャーがゴムゴムという根拠は、当チャンネルで既出。
証拠は3つだが、4.元配下のシャンクスが見つけたがっていた(見つけてどんちゃん騒ぎ)を加えておく。


以上、1~4の正しい部分を採用し、間違った部分を不採用としたら、パズルがピッタリ合ってしまったのだ。なお、ボニーの父親がガープで、しかも母親がビッグマム、ボニーとルージュが姉妹となれば、ルフィの祖母がマムとなる。

マムが祖母というのが嫌な人がいるのは分かるが、カイドウなど強敵と渡り合ってゆくルフィに、マムという仲間が付けば善戦できることに繋がる。

ルフィとマムは大食らいという属性が共通するし、マムのたくさんいる孫の中、ルフィやエースの余地は充分にあるのだ。ルフィが目指すワンピースと、マムの目指す「色々な種族が平和に暮らせる国」は、1つの対象を意味するとも考察できる。

マムの台詞である「ガープの孫かい」の意味などは、マムを主体とした記事で語りたい所だが、ここでもネタを語る。あまりに夫や孫が多いマムにとっては、「ガープの孫」という表現でこそ区別が可能という話だ。

ボニーの話に戻すが、マムやガープ、エースとの繋がりなど、謎が解けたと判断している。

却下した1~4の話も、全てがデタラメではなく、なにかしら真実を見たからこその説だったのだ。
1.エースの双子の姉弟
2.ダダンの娘
3.ルフィの母親
4.エースの母親でルージュ本人
正.エースの母親でルフィのオバ、ダダンとルージュの姉妹

動画へのリンク

コメント

  1. ドラゴンってモンキーDドラゴンじゃないっけ?

    返信削除
    返信
    1. ボニーはガープの娘なので、モンキー姓を名乗っていた時期があり、その時に夫ドラゴンもモンキー姓に。ガープの義理の息子が成立。その後、ドラゴンやガープとも決別したボニーは、ジンベエの姓ジュエリーを名乗ることで解決します。

      削除

コメントを投稿