バロックワークス・メンバーと家族の謎・秘密~Mr.1とミス・ダブルフィンガーは兄弟姉妹【ワンピース139】

Mr.3はフーシャ村長とバッキンの息子。ミス・ゴールデンウィーク(絵描き)はローの妹ラミ。Mr.2はコウシロウと女イワンコフの息子。Mr.1とミス・ダブルフィンガーは兄弟姉妹。父はレイリー、母はシャクヤク。
---
バロックワークスの意味は、「歪んだ真珠」で、真珠は女の象徴。
今回はバロックワークスの上位メンバーの家族を語りたい。クロコダイルとロビンに関しては、独立したムービーで詳しく証拠を述べているので、今回のムービーで証拠が薄いように思えても、実際には堅い証拠が揃っている。特にクロコダイルのムービーに関しては、かなり好評。

●Mr.0 サー・クロコダイル
正体はアマゾン・リリーの先代女帝。
なにげに、ハンコックと髪の色が共通(コミックでは黒髪だし、アニメでは暗い紫で一致)。
父親はクロッカス、母親はグロリオーサ、娘はホワイティベイ、元夫は白ひげニューゲートだと考察。
また、オジにクローバー博士、ロックス、叔母にシャクヤク、イトコにハンコックだと考察。
クロコダイルのムービーはこちら

●ミス・オールサンデー:ニコ・ロビン
ロビンとは鳥の名。これまでのロビンの衣装には、青が目立っている。父親は青キジ・クザンで、名前の3文字と中央の濁点、末尾のンが共通。母親はニコ・オルビアで、オルビアの父はクローバー博士。オルビアの母親はビッグ・マム!(カタクリ年齢48.95歳、オルビアを過熟児出産、ロビンを未熟児出産で、オルビアの妊娠18.0歳が成立) 青キジの両親は、センゴクと つる(鳥の名)
ロビンはクローバー博士の孫娘だと堅く考察でき、実はクロコダイルとロビンはイトコ同士。

●Mr.1 ダズ・ボーネス
剣士、目の傷、上半身裸の癖、ぞうり風の靴、黒いガウンから、レイリーが父親だと考察。年齢は31歳。

ボーネスは喫煙者。タバコを吸う母親世代の女といえばシャクヤク。厚い唇もシャクヤクの特徴。ダズもボーネスというのもバラの種類なので、母親が女ヶ島出身となり、ますますシャクヤクとなる。

「女ヶ島で生まれるのは女の子のみ」という設定しか存在しない。女ヶ島以外で産めば、すなわち恋わずらいで夫の側で産めば、男の子も出る。現実の話、環境で雌雄が偏る動物は多数。特に爬虫類や魚類。

●ミス・ダブルフィンガー:ザラ(ポーラ)
年齢は28歳。
厚い唇に喫煙者を考えると、母はシャクヤク。ポーラはカフェの店主で、バーの店主シャクヤクの設定。ポーラは店主の時点ではレイリーと前髪が一致。なにより、顔がシャクヤクとソックリ。シャクヤクはレイリー一筋だと考察でき、シャクヤクが母の時点でレイリーが父となる。実はポーラはメガネをかける、レイリーもメガネ男。

トゲと言えばバラで、ポーラ・スターというバラもある。ポーラフェイというシャクヤクがあり確定的。
要するに、ポーラとボーネスは兄弟姉妹だと結論。また、ハンコックもシャクヤクとレイリーの娘だと考察しており、ハンコックの姉妹がポーラ。ハンコックが覇王色を使える理由は、女帝だからではなく、レイリーの娘だから。

クロコダイルの叔母がシャクヤクならば、ボーネスやポーラとはイトコ同士になるのがクロコダイル。その事実を本人達が知っているかは不明。

ここまでの考察では、バロックワークスは女ヶ島の出張所で、ハグレ者達の組合のようなもの。人を信じないクロコダイルだが、結局、身内が幹部ということに。

一方、レイリーは3巻の時点で、バギーの回想で登場済み。(いくらでも子供をその後に設定可能だということ)

●Mr. 2 ベンサム:ボン・クレー
使っているのは、ニューカマー拳法(カマバッカの伝統)だと分析。目の模様が一致し、父親はイワンコフとなる。スワン(白鳥)→イワン。白鳥の衣装なので、父親はコウシロウ。鴻(白)はオオハクチョウの意味。

ロビンの父クザンの兄がコウシロウなので、ニコ・ロビンのイトコとなる。ベンサムはサンジのイトコにも当たる(サンジの母親はビッグ・マムとセンゴクの娘で、センゴクと つるの息子がコウシロウ)

●Mr.3 ギャルディーノ
年齢は37歳。顔がフーシャ村長(約80歳)にソックリで、村長の息子だと考察。マキノの父親が村長の息子だが、その後に村長の前に現れたバッキンが村長の一時的な後妻だと考察。村長とバッキンの間には、バギー(39)とギャルディーノが生まれる。

一方、シーザー・クラウンは変装でガスティーノと名乗ったので、クラウンはギャルディーノの兄だと考察。気体(ガス)と液体・固体(ロウ)の差はあるが、白い何かを噴出する能力が一致。ガスは気体で、ギャルはゲル(半固体)のことだろうか。

シーザーの話で証拠は改めて語るが、シーザーの母親はバッキン、父親は白ひげ。Mr.3ギャルディーノは父違いの弟。
バッキンが悪い人魚なので、ブルックの子孫には悪役ゾロゾロ。

●ミス・ゴールデンウィーク:トラファルガー・ラミ(マリアンヌ)
年齢は18歳だと公表されたが、当チャンネルでは23歳くらいだと考察。年齢が変わる手段はいくらでもあるので、作者がどれを使うかの話。

祖母はジョーラ(ドフラミンゴ配下の絵描き)、曾祖父はブルック、曾祖母はバッキンだと考察。

祖母がジョーラならば、なぜ医者の両親から絵描きが生まれるのかの説明になる。ジョーラの弟がホグバックとクラウン。つまり、Mr.3 ギャルディーノとラミは親戚(大叔父と大姪という4親等の続柄)。

正体はローの妹ラミだと結論。顔つき、髪色、後ろ髪のツインテールが一致。子供の頃よりもツインテールは伸びている。絵の具はラミ・チューブに入っていることが多い。

マリアンヌという名は拾った育ての親が付けたのかな。

ローの妹ラミは育ての母親の娘というだけで、実の兄妹ではない。ただし、考察での結論で、ラミとローは親戚となった。ローと育ての母親がイトコ同士なので、ラミはローのイトコ姪。

義理の家族ながら、ローとラミの先祖は、ドクトリーヌ・くれはだと考察。つまり、遠い親戚ではあると結論。ローの義母の前髪と、義妹の後ろ髪(ツインテール)を足すと、くれはの髪型となる。なお、ローの実母はブロッカ(白ひげ団)で、実父は くま。タマゴ男爵が実祖父。たま、くま、なま(ロー)と語呂が続く。タマゴ男爵こそが、隠し名ワーテルの持ち主。

くれはの子孫リストはこちら

かなり大勢のキャラクターが登場するワンピース。作者はそれぞれの家族を設定するよりは、登場キャラクター同士が家族の方が、はるかに構成が楽。また、ワンピースの意味の1つは、「みんな家族」だと考察。(他にも海が1つになるという意味もありそう)

ワンピースでは、回想ではなく、物語上の現代に死亡するキャラクターは特別には多くない。理由を考察すると、みんな家族なので、少なくとも戦闘で相手の命を奪った場合、家族・親戚ということが通常となる。親戚だと隠しつつ、親戚殺しを避けた物語構成は困難だからというわけだ。

作者が恋愛を描けないのも同様の理由。世話になっているナミがルフィになぜホれないのか? ナミは叔母でルフィは甥だからだ。コアラは叔母でサボは甥。まあ、プリンは甥のサンジにホれたが。

さて、今回はバロックワークスが主体だが、ミスター3とミスGWで終わっておく。ダズ・ボーネスの話を聞きたい当チャンネル愛好者がいて、管理人としてはラミの話がしたかったから作った。続きを作るとしたら、ミス・メリークリスマス(モグラ婆)はジョーラの妹で、その息子がMr.4……のように続いてゆくのだろう。

主旨を語ると、ポーラの親が誰とか、ラミの生死がどうとか、個別の話をしているわけではない。ワンピースのキャラの全員が、血縁や婚姻など、何らかの形でルフィと親族という話をしたいのだ。仮に、個別に何かを当チャンネル管理人がミスしていたとしても、ルフィの親族ということには変わりないという話なのだ。実はマキノの以前の考察は間違っていた。しかし、ルフィのイトコではなかったが、ルフィのハトコだとは示せた具合に(ルフィの祖父・ガープの兄スラップの孫娘)。

【余談】
クラハドール(キャプテン・クロ:ウソップの故郷で裏工作)はクロコダイル(46)の息子だと勘違いしてしまう程に似ているが35歳。レイリー(メガネで若い頃はオールバック)とシャクヤクの息子だと考察。シャクヤクはクロコダイルのオバだとして、クラハドールとクロコダイルはイトコ同士。というか、ハンコックの兄がクラハドールで、シャンクスの弟がクラハドール。バロックワークスの、ポーラとボーネスもハンコックの兄弟姉妹だと判断。ハンコックとクラハドールは、「ハ」と「ク」の2文字も共通。通称のクロの方が花の名前(黒バラ)。更には、シャーリー(アオザメの人魚)はシャッキー+レイリーなので、確実に二人の子供。レイリーは魚人の血を持つ人間だと考察。闘魚の魚人の血を持つ人間・デリンジャー(ドフラミンゴ配下の16歳)と同じ扱いだ。なお、デリンジャーはリンリンとエリサベス(カマバッカでサンジを助けた金髪オカマ)との息子だと考察。

続きも作成済みで
バロックワークス・メンバーと家族の謎・秘密2~Mr.5とミス・バレンタインは兄弟姉妹【ワンピース141】
となる。

【関連記事】リンリンの娘39人をコンプリート

コメント

  1. ダズについての考察どうもありがとうございました!
    すごいですね…何でも分かってしまうんですね。
    これからも様々な考察楽しみにしています。

    返信削除
  2. こんにちは。
    まとめサイトの方も興味深く読ませていただきました。
    ところでドフラミンゴなのですが、彼は天竜人の両親の息子というだけで、他のキャラとの血縁関係は無いのでしょうか?
    全ての主要キャラが血縁で繋がっていると言う訳では無いのでしょうが、気になったのでコメントさせていただきました。

    返信削除
    返信
    1. ドフラミンゴは考察の途中ですが、経過として語ります。
      ドフラミンゴの父はホーミング聖ですが、妻として出ている優しそうな女性はかなり若いし、ドフィの姉(ホーミングと天竜女の娘)だと考察しています。つまり、ドフラミンゴの実の母ではありません。本当の母は海軍のつるだと考えています。ウォシュウォシュの能力で、凶悪な天竜人が善人になってしまったわけです。フラミンゴは鳥の名なので、鳥の名を持つ、つるが母となります。

      次に実弟のロシナンテ(コラソン:39歳)ですが、ホーミング聖とビッグ・マムの息子だと考察済みです。ドフィとコラソンは、母違いながら実の兄弟となります。

      次にドラミンゴの妻は、シャーロット・ブリュレだと考えています。ブリュレの息子らしきキャラ1人と、ブリュレの娘らしきキャラが2人います。ブリュレ自身が背中にフサフサ衣装をしていて、ドフラミンゴの元妻だという作者からのヒントです。ドフィなら、妻ブリュレの顔に傷をつけても自然でしょう。離婚となり、ブリュレはリンリンに寿命を奪われてあの姿という筋道ができます。

      人間を憎んでいる幼少のドフィの親になれるのは、魚人族が筆頭の候補です。トムとココロですね。ココロはドフィの母親代わりだったけれど、最初の妻になってシュガーを作ります。シュガーはドフィの娘でしょう。モネはトムとココロの娘なので姉妹となります。

      一方、マザー・カルメルの髪には天竜人のようなカールが入っています。ドクトリーヌくれはの姉がマザー・カルメルだと考えてます。そして、くれはの子孫がビッグ・マムで、カルメルの子孫がホーミング聖となり、ルフィとドフィは遠い親戚という位置づけです。なお、ブリュレの元夫という時点で、ルフィの元・義理の叔父さんという位置にあり、1つの家族の一員と言えます。

      くれはも天竜人(純血でもハーフでもいい)ということになります。混血の子孫はDです。世界中の国は元々は天竜人が王ですが、アマゾン・リリーの女王(女帝)として存在したのが、くれはということになります。くれはは元女帝のような立場を超え、本来の支配者というわけです。

      ドフィのまとめを作成しました。
      https://matome.naver.jp/odai/2152543933583176101

      削除

コメントを投稿